【トップは語る】コモンズ投信社長・伊井哲朗さん(54) (1/2ページ)

2014.7.4 05:00

 ■環境変化に応じて進化できる企業を銘柄選択

 --長期的な投資を提案している

 「日経平均株価に連動する投資信託が225社に投資することになるのに対し、われわれが運用する『コモンズ30ファンド』は、約30社の本当に良い企業にしか投資しないスタイル。グローバルに事業を展開しており、経営環境の変化に応じて事業構成を進化させることができるか、といった非財務の視点も重視して、銘柄を選んでいる」

 --販売拡大の目標や取り組みは

 「現在は自社のほか、ソニー銀行やネット証券でも販売してもらっているが、われわれのビジネスモデルを共有してもらえる地方の金融機関とは積極的に組んでいく考えで、具体的に話をしている。他ファンドも含めた運用資産総額(6月下旬時点で約100億円)を、早期に300億~500億円に増やしていきたい」

 --個人投資家の動向に変化はあるか

 「公的年金についても将来に漠然とした不安を抱いている若い人が多い。『自ら年金や教育資金をつくっていこう』と動き出している人もおり、少しずつ変化している。自分の価値観や意義を大切にお金を使う人も増えている。少額投資非課税制度(NISA)や、企業と投資家の対話を促す日本版スチュワードシップコードなど、われわれが大事にしてきた考え方に沿った動きが出てきており、追い風にしたい」

 --今年から新ファンド「ザ・2020ビジョン」の運用も始めた

 「2020年は東京五輪が行われるという以外にも、団塊の世代が最前線から退くなど、人口動態や価値観の変化という点でも大きな意味がある。高齢化社会に対応した事業を行う会社など、日本の大きな変化に向けて動き出している企業約50社に投資するファンドだ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!