ビットコイン自主規制団体、8月立ち上げ 健全な発展促す (1/2ページ)

2014.7.5 07:07

 「ビットコイン」などインターネット上の仮想通貨の取引などを自主規制する団体が8月中旬に誕生する。これまでは利用者を保護したり、業者を規制する制度が未整備だったため、ビットコイン取引所、マウントゴックスが経営破綻し大きな社会問題になった。明確なルールづくりで再び日本の消費者を仮想通貨に呼び戻すことができるかが注目される。

 自主規制団体「日本価値記録事業者協会」は、ビットコイン取引所「クラケン」(米カリフォルニア州)日本法人のクラケン・ジャパンなど3社が立ち上げる。取引所設立時の届け出や口座開設時の本人確認を求めるなどガイドラインの作成や取引所の監査などを行い、健全な発展を促す。

 4日会見したクラケン・ジャパンの宮口あやこ代表は「ビットコインはインターネットの次のイノベーションといわれている。関係者で手を組み、ポテンシャルをつぶさないようにしたい」と意気込みを語った。

欧米や中国を中心に仮想通貨のニーズは拡大している

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。