5月の国際線利用実績、全日空が初めて日航を上回る 進出から28年目

2014.7.8 18:52

 全日本空輸が8日発表した5月の旅客輸送実績によると、実際の利用実績を表す指標の「有償旅客キロ」が国際線で日本航空を初めて上回った。運航している旅客輸送力の規模を示す「有効座席キロ」ではすでに4月に日航を追い越していた。国際線の両方の指標で全日空が日航を逆転したのは、全日空が国際線に進出した昭和61年3月以来、初めてという。

 有償旅客キロは、運賃を払った旅客の数に輸送距離をかけ算して出した数値。5月の国際線の有償旅客キロは、6月27日に発表済みの日航が前年同月比7・8%増の29億1163万人キロだったのに対し、全日空は25・4%増の29億5294万人キロと、わずかに上回った。有効座席キロは全日空が26・3%増の41億5922万座席キロで、日航は4・5%増の39億6905万座席キロと、4月に引き続き全日空が日航を上回った。

 全日空は昨秋、東京都心に近く利便性の高い羽田空港の国際線発着枠で日航よりも多く配分を受け、これを活用して今年3月末に羽田発着の国際線を大幅増便した。加えて成田空港でもアジアと北米を行き来する旅客需要の取り込みが好調という。これに対し、日航は4年前の経営破綻に伴う路線縮小が響いている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!