レアアース不使用…日立が世界最高効率モーター開発 海外勢と差別化 (1/2ページ)

2014.7.10 07:09

日立製作所が約100年前の創業時に製作したモーター(手前)と世界最高効率を達成した新開発のアモルファスモーター=9日、東京都千代田区の本社

日立製作所が約100年前の創業時に製作したモーター(手前)と世界最高効率を達成した新開発のアモルファスモーター=9日、東京都千代田区の本社【拡大】

 日立製作所は9日、世界最高レベルのエネルギー効率96%を実現した産業用モーターを開発したと発表した。2015年度に製品化する目標で、希少金属のレアアース(希土類)を使っておらず、コストも抑制できるという。モーターの効率化は消費電力の抑制に直結する。日立は省エネ性能をアピールし、先行する海外勢と差別化したい考えだ。

 日立が製作したのは、工場のポンプや空気圧縮機などに使用する11キロワットアモルファスモーター。鉄を急速冷却して作るアモルファス金属を使用した。アモルファス金属は少ない電力で高い磁力を生み出せるが、加工が難しいのがネックだった。

 日立は今回、モーターに組み込むアモルファス金属の状態を把握し、最適な形状に設計する技術を開発。これにより、12年に発表した効率93%のアモルファスモーターを上回り、国際規格の最高レベル「IE5」を達成できた。

電気機器の省エネ化は世界的な課題

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。