日産がSUV「ジューク」を一部改良 90通りから選べる内外装の配色

2014.7.14 15:49

 日産自動車は14日、SUV(スポーツ用多目的車)「ジューク」を一部改良して発売すると発表した。外装をより躍動感があるデザインに変更したほか、ボディーやドアミラー、シートなど内外装の色を計90通りの組み合わせから選べる「パーソナライゼーション」を導入し、自分好みの個性的な車に仕上げられるのが特徴だ。

 「ユーザー調査で外装やボディーカラーにこだわる声が強かった」(広報)ことから、一部改良でも目玉に打ち出した。価格は173万7720~267万8400円。ベースグレードを除き、従来モデルから数万円上下させている。

 1600ccの直噴ターボエンジンは、排気の一部を冷却して吸気側に戻す「クールドEGR」と呼ばれる仕組みを採用。摩擦抵抗の低減や燃焼効率の向上も行い、燃費性能を1リットル当たり最大14・2キロと約9%改善したほか加速性能も向上させた。

 また、創立80周年記念として、スポーツカーの「フェアレディZ」や「GT-R」で用いた車体色を設定したジュークの特別仕様車を併せて発売した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。