エアバスから航空機115機を購入 三井住友FGと住友商事の傘下リース会社

2014.7.15 20:15

 三井住友フィナンシャルグループと住友商事は15日、傘下の航空機リース大手「SMBCアビエーションキャピタル」が、を通じ、欧州のエアバス社から計115機の航空機を購入する契約を結んだと発表した。定価ベースでは1兆3000億円規模になる。

 約180席で15%の燃費節減効果がある最新小型機の「A320neo」110機と従来型「A320ceo」5機。2016年から22年の間に納入される予定。リース会社による個別購入契約では最大規模という。

 調達した機材はアジアや新興国の格安航空会社(LCC)を中心にリースする。LCCの間で設備投資や税負担の軽い航空機リースの需要が高まっているのに対応する。

 三井住友FGと住友商事は、2012年に英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の航空機リース事業を買収し、現在保有・管理機体数で米国企業に次ぐ世界3位。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。