LINEが東証に上場申請 今年最大級の時価総額1兆円超に

2014.7.15 19:28

 スマートフォン(高機能携帯電話)向けの無料通話・簡易メールサービスのLINE(東京都渋谷区)が東京証券取引所に上場申請したことが15日、明らかになった。承認を受けた上で、早ければ11月にも上場する見通し。

 時価総額は1兆円を超える見通しで、リクルートホールディングスとともに今年最大級の上場となるとみられている。

 関係者によると、LINEは米国でも上場に向け、準備を進めている。日米上場で調達した資金は、海外での利用者拡大やアプリの新規開発に使う計画という。

 LINEは平成23年6月にサービス提供を開始。「スタンプ」と呼ばれるイラストを使った簡易メールサービスを筆頭に、通話やゲーム、漫画などのアプリを提供。全世界の利用者数はこれまでに4億8千万人、このうち日本だけで5200万人に達するなど、躍進が続いている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。