ガソリン高騰 家計・企業を圧迫 GS「明らかに客足鈍い」 (1/3ページ)

2014.7.17 06:59

 ガソリン価格の上昇が止まらない。イラク情勢の悪化などを受けた原油高で、今週のレギュラー価格(14日)は12週連続で値上がりし、1リットル当たり170円に迫った。リーマン・ショックがあった2008年9月末以来、約5年10カ月ぶりの高値水準だ。ガソリン価格の高止まりが続けば、夏の行楽で車での遠出が増える家計や、運輸業界など企業活動にも悪影響が及びかねない。

 経済産業省資源エネルギー庁が16日発表した14日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、前週(7日)と比べて20銭高い169円90銭となった。トラックの燃料などに使われる軽油も前週に比べ20銭高い147円60銭と13週連続で値上がりし、約5年9カ月ぶりの高値水準となった。

 価格上昇の原因は原油高だ。イラク情勢の悪化によりアジアで指標となるドバイ原油は、6月23日に1バレル当たり111.7ドルと、今年2月初めにつけた直近の安値に比べ約10ドルも上昇。石油元売り各社は原油の輸入コストの上昇分を卸売価格に上乗せし、ガソリンスタンドでの店頭価格にも遅れて反映されている。

満タンではなく、定額分だけ給油する客も

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。