6月全国百貨店売上高、4.6%減 3カ月連続マイナス

2014.7.19 06:23

 日本百貨店協会が18日発表した6月の全国百貨店売上高は、既存店売上高が前年同月比4.6%減となり、3カ月連続で、前年実績を下回った。天候不順や前年よりも土曜日が1日少なかったことが響いた。

 ただ、1~6月期は前年同期比2.2%増で、3年連続のプラス。消費税率引き上げの反動減の影響よりも、3月の駆け込み需要が上回った。

 6月の商品別売上高では、主力の衣料品が6.4%減、身のまわり品が5.3%減となるなど、猛暑で夏物が好調だった前年に比べて落ち込んだ。

 一方、増税前の駆け込み需要が目立った化粧品、美術・宝飾・貴金属などの雑貨は、6.5%減だが、5月の11.3%減よりも減少幅が縮小。「増税前の駆け込み需要の反動減は和らいだ」(同協会)ことを印象づけた。

 7月については「台風や週末の雨の影響もあるため、昨年並みか若干下振れする」と、前年同月でのプラスは難しいとの認識を示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。