【神奈川発 元気印】日本理化学工業 チョーク生産首位、障害者が下支え (2/5ページ)

2014.7.24 05:00

一本一本丁寧にチョークを製造する障害者ら=川崎市高津区

一本一本丁寧にチョークを製造する障害者ら=川崎市高津区【拡大】

  • 大山泰弘会長
  • ホルダー入りのタイプと、お風呂で使えるタイプ(右)のキットパス

 懸命に働くけなげな姿に、「『来年卒業したら来ていいよ』って言ってあげてください」との声が従業員から上がった。こうした声にも後押しされ、2人の雇用を決めた。これが障害者雇用の始まりだった。

 現在稼働している工場は、川崎工場(川崎市高津区)と美唄工場(北海道美唄市)の2カ所。2工場で、重度の知的障害を持つ従業員26人を含む知的障害者59人が働いている。

 ダストレスチョークは、炭酸カルシウムや糊をミキサーで混ぜ合わせて棒状に伸ばし、フォークで余計な部分を切り離すなどして成形。乾燥炉で乾かし、コーティングを施して梱包(こんぽう)する。障害者らは首尾良く、それぞれの役割をこなしていく。

 「その人の理解力や能力に合わせて段取りをつけることが大事」と、大山会長は力を込める。「そうすれば知的障害者は安心して仕事ができる。まして、褒めればうれしくなってより一生懸命やってくれる」。

 こうした大山会長の信念は、生産ラインの至る所に生きている。

 ◆“皆働社会”を実現

 例えば、計量の方法だ。材料ごとに必要な量の重りをあらかじめ用意。さらに、重りと、材料を保管する缶を同じ色に塗った。赤い缶に入った材料を量る際は、赤い色の重りをはかりに載せる。こうして、色の識別ができれば計量が可能になった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。