外食売上高4カ月ぶりマイナス

2014.7.26 05:00

 日本フードサービス協会が25日発表した6月の外食産業の売上高は、新店を含む全店ベースが前年同月比1.8%減で、4カ月ぶりにマイナスとなった。客単価は3.0%増となったものの、客数が4.7%減となったことが響いた。関東甲信地方を中心に記録的な大雨となったことに加え、前年よりも土曜日が1日少なかったことが要因だ。

 業態別の売上高をみると、ファミリーレストランは1.5%増で14カ月連続のプラス。客数減少の影響を季節の新メニュー投入による客単価アップでカバーした。ファストフードは3.2%減だった。居酒屋は8.8%減で、依然低迷が続く状況が浮き彫りになった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。