スカイマーク、航空機の購入見直しで欧州エアバスと対立 「法外な違約金」など要求 (1/2ページ)

2014.7.29 12:16

 国内第3位の航空会社スカイマークは29日、欧州の航空機大手エアバスの超大型旅客機「A380」の購入をめぐり、同社との間で解約を含めた計画の変更を協議していることを明らかにした。

 同社は国内航空会社で初めてA380を導入し、国際線参入を目指していたが、大幅な見直しを迫られる恐れが出てきた。

 スカイマークは、A380を6機購入する予定。今年中に1機目を受領して、12月にも同社初の国際線定期路線として成田-ニューヨーク線に就航させる方針だったが、6月には最大で半年遅れるとしていた。

 円安による燃料費高騰や格安航空会社(LCC)の相次ぐ参入で経営環境が悪化し、4月からエアバスとの間で計画の変更に向けて協議を進めてきたが、交渉は難航しているという。

「大手航空会社の傘下に入ること」を要求

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。