異業種銀、住宅ローンで存在感 利便性、独自サービスで新価値提供 (1/3ページ)

2014.7.29 06:21

 異業種などから参入した銀行が、激戦が続く住宅ローン市場で存在感を増している。2013年度の新規貸出額が銀行業界全体で3%増にとどまる中で、インターネット専業の住信SBIネット銀行が前年度比14.9%増の3943億円と地銀の上位行並みに成長し、流通系のイオン銀行も10.2%増と大きく伸ばした。大手行などと低金利競争を繰り広げる一方、ネット上だけで手続きが済む利便性やグループ力を生かした独自サービスなどで顧客を囲い込み、既存行の牙城を揺るがしつつある。

 「累計で2兆円を早く超えたい」

 住信SBIネット銀の瓦田宗大ローン企画部マネージャーはこう強調する。

 同行は住宅ローンの新規貸出額を3月中旬から4月末までの45日間で1000億円積み上げ、累計額を1兆8000億円に伸ばした。6月には5年固定の最優遇金利を年0.79%から0.50%に下げるなど、業界で最も低い金利を看板に攻勢をかける。

 一方、イオン銀も6月に変動金利を0.77%から0.57%に下げ、変動では最も低い金利を打ち出した。

住信SBIネット銀なら1円から返済可能

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。