電機大手7社、業績回復度合いで明暗 ソニー、再建は厳しいまま (1/3ページ)

2014.8.1 06:48

電機大手の平成26年4~6月期連結決算

電機大手の平成26年4~6月期連結決算【拡大】

 シャープを除く電機大手7社の2014年4~6月期連結決算が31日、出そろった。6社が最終黒字を確保したが、ソニーは不動産売却益などが大きく、スマートフォン(高機能携帯電話)などの販売が苦戦、電機部門の再建は厳しいままだ。一方、東芝は過去最高の営業利益になったほか、三菱電機は通期見通しを上方修正しており、業績の回復度合いにばらつきが出ている。

 「電機部門の赤字構造は転換していない。構造改革を着実に実行していく必要がある」

 ソニーの吉田憲一郎最高財務責任者(CFO)はこの日の決算説明会で気を引き締めた。

 4~6月期の最終利益は前年同期比8.6倍の268億円だったが、金融や映画・音楽部門の好調に加え、旧本社ビルなどの売却益148億円を計上したことが大きい。通期では人員削減など構造改革費用がかさみ、500億円の最終赤字になる見通しだ。

 課題になっているのがスマホだ。モバイル事業の4~6月期の営業損益は27億円の赤字(前年同期は126億円の黒字)で、通期の黒字額も260億円から0円に下方修正。スマホの販売台数も4300万台(従来は5000万台)に引き下げた。

テレビは市場の変動が激しく、生き残りも厳しい

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。