【エンジニア革命】「マネジメント」力で飛躍 議論は握手しながらの「ケンカ」 (3/3ページ)

2014.8.2 05:00

エンジニアにとって議論は相手との「間」の取り方が重要だ

エンジニアにとって議論は相手との「間」の取り方が重要だ【拡大】

 エンジニアは論点を整理しながら議論を進めることが苦手といわれるが、上述のように相手の立場による違い、相手の「間」や心の機微までも考慮しながら進めることは、エンジニアとして今後大きく成長できるか否かの鍵になるだろう。

                   ◇

【プロフィル】和田憲一郎

 わだ・けんいちろう 新潟大工卒。1989年三菱自動車入社。主に内装設計を担当し、2005年に新世代電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」プロジェクトマネージャー、EVビジネス本部上級エキスパートなどを歴任。13年3月退社。同年4月に車両の電動化に特化したエレクトリフィケーションコンサルティングを設立し、現職。著書に『成功する新商品開発プロジェクトのすすめ方』(同文舘出版)がある。福井県出身。57歳。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。