【籾井NHK会長に聞く】 放送の将来像、若手から意見求める (1/3ページ)

2014.8.2 17:01

インタビューに答える籾井勝人NHK会長(野村成次撮影)

インタビューに答える籾井勝人NHK会長(野村成次撮影)【拡大】

 NHKの籾井勝人(もみいかつと)会長(71)は、就任半年を機に行った産経新聞のインタビューで、番組のインターネットでの「同時再送信」の実現や、国際放送充実について改めて意欲を示し、若手職員から放送の将来像について意見を求めていることなどを語った。詳報を掲載する。

 --序盤は批判を浴びた

 「就任会見では民間の感覚でああいうこと(慰安婦問題など)を言ったが、NHK会長たるもの、常にNHKを意識してしゃべらないといけない。今後は私見は言わない」

 --放送と通信の融合への取り組みは

 「同時再送信は世の中の趨勢(すうせい)。遅くとも2020年東京五輪までには環境整備をしなければならない。NHKとしてできることは次期3カ年経営計画に盛り込み、実現への道筋をつけたい。ただ、法整備や(番組のネット利用に当たっての)権利処理、受信料など課題もある。しかるべきところとよく話をし、解決していく」

Q.ネット視聴者からも料金徴収が必要か?

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。