LINE“世界制覇”へ序章 15年10億人目標、課題は米中戦略 (1/3ページ)

2014.8.4 06:37

 スマートフォン(高機能携帯電話)向けの無料通話・簡易メールサービスのLINE(東京都渋谷区)が“世界制覇”をもくろんでいる。2015年の登録利用者数の目標を10億人に定め、日米の証券取引所への株式上場を検討しており、株式市場から調達した資金で海外展開を加速する。ただ、アジアでの躍進に比べ、米国におけるシェアの低迷や、インターネット検閲が厳しくなった中国で接続不能状態となるなど、課題も浮上している。

 11月にも東証上場

 LINEの東証上場は早ければ11月にも実現する見通しだ。時価総額は1兆円規模に上るとの見方もあり、投資家の期待値は早くも高まっている。

 7月15日、一部報道で「LINEが東証に株式上場を申請した」と報じられると、LINE関連株に一斉に買い注文が入った。LINE向けにゲームを開発するエイチームの株価は前日終値比1000円高の7140円とストップ高ギリギリまで上昇。LINE向けにスタンプを提供するネオスやエムアップも前日より10%超上がった。

 ネット経由でメッセージのやりとりや通話ができるスマホ向けアプリ(応用ソフト)は近年、急速に普及。携帯電話会社が提供する従来のメッセージサービスからユーザーを奪い、ネット通販や広告配信にも活用されている。

10億人実現に欠かせないのが、海外市場の開拓と魅力的なアプリの開発

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。