「すき家」創業以来初の最終赤字 今期予想、9月末までにワンオペ解消 (1/2ページ)

2014.8.7 05:30

 牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングス(HD)は6日、2015年3月期の連結業績予想を下方修正すると発表した。深夜時間帯でのすき家での1人勤務である「ワンオペ」について、9月末までに解消することを同日決定。一部店舗の深夜営業廃止で売り上げが落ち込む。このため最終損益では、当初41億円の黒字と見込んでいたが、13億円の赤字に転落する。1982年の創業以来初の赤字となる。

 ゼンショーは同日、牛丼並盛りの本体価格を現行より20円高い270円に値上げすることも発表。27日から実施する。

 会見したゼンショーHDの小川賢太郎会長兼社長は「赤字は残念だが、残業時間50時間以下、ワンオペの可及的速やかな廃止を進めたい」と語った。

食材価格や人材採用コストの上昇を予想

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。