【底流】すき家、汚名返上へ戦略見直し ワンオペ解消へ外国人採用拡充も (2/4ページ)

2014.8.8 06:16

 今回、赤字決算と同様の衝撃をもたらしたのは、深夜時間帯で1人勤務を9月末までに解消することと、牛丼並盛りの本体価格を現行よりも20円高い270円とする改定を8月27日から実施することの2つだ。

 すき家では、来店客数が少ない深夜時間帯は、1人で切り盛りするワンオペの店舗が大半だ。同社の労働環境を調査してきた第三者委員会は7月末、このことが過酷な労働環境を生み出している大きな要因と指摘し、早期にワンオペを解消すべきだなどと提案していた。

 これを受け、6日の取締役会でワンオペの解消が決まった。人繰りをつけるための取り組みを進めると同時に、人の手当てがつかない店舗については、午前0時から午前5時を基本に深夜営業を休止する。

最悪の想定では、940店舗で深夜営業を休止

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。