丸紅と豊田通商が米国でガス火力の運営

2014.8.11 16:07

 丸紅と豊田通商は11日、米電力会社と組み、米国で大型ガス火力発電所を建設・運営すると発表した。発電容量は約72万キロワットで総事業費は約800億円。首都ワシントン近郊に建設する「セントチャールズ発電所」(メリーランド州)の事業に参画する。米電力会社のCPV社と共同で、丸紅は50%、豊田通商とCPV社は25%を出資する。2017年中の運転開始を目指す。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。