【ステップアップ】ご当地グルメ研究会 個性派イベント展開 (2/2ページ)

2014.8.12 05:00

昨年の「ご当地かき氷まつり」=埼玉県越谷市のイオンレイクタウン

昨年の「ご当地かき氷まつり」=埼玉県越谷市のイオンレイクタウン【拡大】

 松本社長は、単にユニークなだけでなく、「土地柄を反映したものであるべきだ」とも語る。かき氷まつりも、ご当地グルメへの関心の高まりに加えて、イオンレイクタウンのある埼玉県が「日本一暑く、アイスクリーム出荷量が全国1位でもある」(松本社長)ことから生まれたという。

 松本社長は、東京・池袋のテーマパーク「ナムコナンジャタウン」で2003年にオープンし、全国のアイスクリームが味わえると話題になった「アイスクリームシティ」をプロデュースするなど、ご当地グルメの定着に貢献してきた。ナムコ在籍中に試食した食べ物は、3000種類以上。09年の独立後を含めると、食と関わった期間は10年以上にのぼる。

 その長い経験の中で、「『人は食にエンターテインメントを求める』が持論になった」と松本社長。ご当地かき氷まつりでも、客が喜ぶ姿を心待ちにしている。(井田通人)

                   ◇

【会社概要】ご当地グルメ研究会

 ▽本社=東京都中野区中央4-1-5 林ビル2F

 ▽設立=2009年2月

 ▽資本金=100万円

 ▽従業員=4人

 ▽事業内容=ご当地グルメをテーマにしたイベントの企画

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。