たばこ販売量、7月は3.9%減

2014.8.15 18:23

 日本たばこ協会が15日発表した7月の紙巻きたばこ販売量は前年同月比3.9%減の166億本、販売金額は同0.5%減の3558億円だった。1~7月の累計販売量は2.9%減の1075億本で、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動は「完全になくなった」(日本たばこ産業=JT)とみられる。

 一方、JTの7月の販売量は4.4%減の100億本、販売金額は1.2%減の569億円で、シェアは60.4%と0.3ポイント落とした。主力銘柄「メビウス」で前年にメンソールの新商品を発売し、売り上げを伸ばした反動が現われた。ただ、1~7月の累計販売量は2.2%減の651億本と、市場全体の減少幅を下回っている。

 同社によると、今年の国内の喫煙率は前年より1.2ポイント減の19.7%と、初めて20%を割り込んだ。消費増税に伴う値上げもあり、年間販売数量は3~4%減少すると予測している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。