【PC Watch】映画『STAND BY ME ドラえもん』(上)  (1/5ページ)

2014.8.18 05:00

映画監督の八木竜一氏

映画監督の八木竜一氏【拡大】

  • アートディレクターの花房真氏
  • CGスーパーバイザーの鈴木健之氏

 □映画『STAND BY ME ドラえもん』の舞台裏(上)

 ■未来の素材” 質感にこだわり

 『ドラえもん』史上初の3D・CG(コンピューターグラフィックス)化映画『STAND BY ME ドラえもん』が8日に公開された。今回、デルの協力により、映画を制作した白組(東京都渋谷区)を訪ね、舞台裏を取材することができた。取材に応じてくれたのは、映画監督を務めた八木竜一氏、アートディレクターの花房真氏、そしてCGスーパーバイザーの鈴木健之氏の3人だ。

 ◆3D・CG第2弾

 白組は1974年に創立し、アニメーションやスペシャルエフェクトを制作していた。創立当時はいわゆる特撮が専門の会社だった。

 「創立から17年目となる91年、海外では『ターミネーター2』が上映され、コンピューターグラフィックスを用いた特殊効果が世間に知られることとなりました。白組のオフィスにもマッキントッシュが導入されたが、人間の3Dモデルは難しかった」と花房氏は振り返る。

 93年には、『ジュラシック・パーク』のような3D・CGモデルを活用した映画が登場。「コンピューターの性能の進化は、映像のクオリティーの進化に直結しています。ポリゴン(三角形や四角形の組み合わせで立体を表現する技術)だけでなくテクスチャー(物体の面の質感を表現する技術)が貼れるようになってから、我々もようやく3D・CGムービー制作に携わるようになりました」

 しかし、白組はハリウッドスタジオのような大人数のスタジオではないため、当時はゲームのオープニングムービーやテレビCMなど短い作品を手がけることが多かった。ゲームでは「ソウルキャリバーIII」や「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」などだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。