KFCが「チキンは国産」と店頭で安全アピール カーネル像がエプロン姿で

2014.8.19 16:07

中国での期限切れ鶏肉問題をうけ、「国産鶏使用」をアピールするKFCのカーネル像

中国での期限切れ鶏肉問題をうけ、「国産鶏使用」をアピールするKFCのカーネル像【拡大】

 「ケンタッキーフライドチキン」を展開する日本KFCホールディングスは19日、店頭の「カーネル・サンダース像」を活用し、主力商品のオリジナルチキンが国産鶏であることをアピールすると発表した。日本マクドナルドでの中国産期限切れ鶏肉問題などを受けて食品・外食業界の食材信頼性が薄らぐなか、品質の高さと安全性を強調する。

 全1165店舗のうち、ショッピングセンター内など像のない店を除く約850店で実施。エプロン型の看板をかけ、当日販売するチキンの生産県を示す。

 日本国内のKFCでは、季節商品「レッドホットチキン」の一部で米国産鶏肉を使っているほかすべて国産の鶏肉を使っているが、先月の問題発覚後には消費者からの問い合わせも相次いだ。

 「販売の落ち込みはほとんどなかったが、国産使用が広く知られていなかった」(広報)として、シンボルであるカーネル像を使ったアピールを決めた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。