パナソニック、HEMS事業拡大 売上高60億円目指す (1/2ページ)

2014.8.22 06:21

HEMS製品の移動ショールーム「スマートHEMSトラック」=21日、東京都江東区

HEMS製品の移動ショールーム「スマートHEMSトラック」=21日、東京都江東区【拡大】

 パナソニックは21日、電力エネルギーの“見える化”に加え、家電の自動制御などを行い節電するHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)事業を拡大すると発表した。2016年の電力小売自由化で各家庭が電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになるのを商機ととらえ、HEMS関連製品の充実と普及活動を強化し、シェア拡大を狙う。

 すでに同社が発売しているHEMS「AiSEG(アイセグ)」と、5月に発売したHEMS対応住宅分電盤「スマートコスモ」を合わせて2015年度に売上高60億円を目指す。

 パナソニックでは、HEMS関連製品を「スマートHEMS」と名付け、今後、関連製品も充実させる。また、現在、同社のHEMSはパナソニック製品のみ接続可能だが、15年度以降、他社の太陽光や燃料電池、照明器具などとも接続できるようにする計画。

HEMSの認知度は2割程度

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。