子供たちが社長と名刺交換 プルデンシャル生命で夏休み見学イベント

2014.8.22 19:11

夏休みの職場見学イベントで、会社について説明を聞く子供たち

夏休みの職場見学イベントで、会社について説明を聞く子供たち【拡大】

  • 夏休みの職場見学イベントで、一谷昇一郎・プルデンシャル生命社長と名刺交換する子供たち=22日、東京都千代田区のプルデンシャル生命本社
  • 復興市では販売も体験。「美味しいですよ!いかがですか?」と大きな声で呼びかけ、おつりもちゃんと計算できました
  • 復興市のチラシをちらしを増やすために、コピー機を初体験。社員に「このスタートボタンを押してね」と教えてもらいました
  • 職場見学イベントに合わせて開かれた「復興市」のチラシを子供たちが作成。たくさんの人に買いに来てほしいなと、一生懸命作りました

 東京都千代田区のプルデンシャル生命本社で22日、子供たちの夏休み職場見学イベントが開かれ、同社の一谷昇一郎社長を相手に初めての名刺交換を体験した。

 このイベントは社員の家族らを対象に開かれ、今年で4回目。参加した32家族・48人の子供たちには“臨時”の社員証と名刺が手渡され、オフィス見学の後に社長室へ。初めての名刺交換に緊張した面持ちだったが、一谷社長に「大きくなったね」などと声をかけられると笑顔をみせ、大きな声で名乗って名刺を交換した。

 また、東日本大震災の被災地を支援する「こども復興市」も開かれ、今年は新たな試みとしてチラシ作りに挑戦。それぞれ工夫を凝らしたチラシを作成し、「復興市に来てくださ~い」と社員に配って回った。

 今回が2回目の参加となる伊賀屋美咲(いがや・みさき)ちゃん(5)は、「お絵描きが好きなので、チラシ作りが楽しかった」と語った。

 一谷社長は「社員の家族の成長を感じて、私も責任を一層強く感じた。今後も続けていきたい」と述べた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。