北海道電力、コンバインドサイクル発電所 来年9月着工へ準備開始 (1/2ページ)

2014.8.23 05:00

コンバインドサイクル発電の石狩湾新港発電所1号機の完成予想図

コンバインドサイクル発電の石狩湾新港発電所1号機の完成予想図【拡大】

 北海道電力は、LNG(液化天然ガス)を燃料とする石狩湾新港発電所1号機(57万キロワット)の来年9月着工に向けた土地造成、地盤改良など準備工事を開始した。同社で初めてのコンバインドサイクル発電所は、石狩市や小樽市にまたがり、燃料となる北ガスの石狩LNG基地に隣接した石狩湾新港に建設される。電力の安定供給のために、既設の火力発電所の経年化、燃料の多様化からなどを踏まえてコンバインド発電を採用。

 計画では、この1号機は15年9月に着工、19年2月に営業開始を予定。また、2号機(57万キロワット)は18年11月に着工して21年12月に営業開始。3号機(57万キロワット)は25年11月に着工、28年12月に営業開始を予定している。

窒素酸化物の排出量も減らせるメリット

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。