ロフト、10月から「免税」対応 訪日外国人の土産物需要に商機 (1/2ページ)

2014.8.23 06:34

 生活雑貨店を展開するロフト(東京都渋谷区)は10月から、訪日外国人に消費税を免除する免税対応を始める。現在、全国10店舗で手続きを申請中で、認可がおり次第、専用カウンターなどを開設する予定だ。化粧品や各種雑貨などの土産物需要を狙う。同社は、国内で約90店舗を展開しているが、免税手続きは池袋店(東京)、有楽町(同)、梅田店(大阪)、京都店、天神店(福岡)など、海外からの出張旅行者や観光客が多い10店舗から手続きを始めている。利用状況をみながら、順次、他店舗にも拡大していく考えだ。

 アジア、特に中国人観光客からは「中国では模倣品が多く、日本で購入するメード・イン・ジャパン製品が信頼され、ブランド化している」(ロフト幹部)という。すでに訪日外国人を意識した専用売り場もあり、国産各社の化粧品や、パイロットコーポレーションの消せるボールペン「フリクションシリーズ」といった高性能文房具などが人気を集めている。

イオンも10月に免税対応の総合スーパーを倍増へ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。