「ファストファッションでは満足できない」 “大人女子”ブランドが活発な理由 (1/4ページ)

2014.8.24 07:06

ローブが今秋冬から展開する新ブランド「イプセ」

ローブが今秋冬から展開する新ブランド「イプセ」【拡大】

  • 「エンフォルド」など“大人女子”ファッションが並ぶ「うめはんジェンヌ」=大阪市北区の阪急百貨店梅田本店
  • ユナイテッドアローズが手掛ける「アストラット」の青山店(東京都港区南青山)

 海外の低価格ファッションに押され気味だった婦人服市場に、かつて109系など若者向けファッションの洗礼を受けた“大人”の女子向け国内ブランドが相次ぎ登場している。

 流行を取り入れつつ価格を抑えた「ファストファッション」のブームに乗ったものの、品質に満足できなくなった層だ。海外ブランドにひけをとらない上質さや素材感、仕立ての良さを備え、手の届く価格を強みに、新たな需要創出を狙う。

 買い回り促す

 阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)4階に一昨年新設された売り場「うめはんジェンヌ」は、若いキャリア女性に人気のブランドが並ぶ。学生時代に、10代後半から20代前半の若年層を狙った東京発ファッション「SHIBUYA109」系を経験した世代がターゲットだ。

 「百貨店で衣料品を買っていなかった30歳前後の消費行動に対応した売り場」と婦人服第一商品部長の武藤千香子氏は話す。

「ルシェルブルー」「ナイン」なども人気が高い

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。