化粧品各社、伸び続ける男性向け市場強化 肌ケア意識啓発に本腰 (1/3ページ)

2014.8.25 06:52

ファンケルは肌の状態を調べ、しみやしわを予測するサービスを提供している=東京・銀座の「ファンケル銀座スクエア」

ファンケルは肌の状態を調べ、しみやしわを予測するサービスを提供している=東京・銀座の「ファンケル銀座スクエア」【拡大】

 男性用のスキンケア商品の需要拡大に向け、皮膚や肌のケアへの関心を高めてユーザーを取り込もうとする取り組みを化粧品各社が強化している。化粧品市場全体が頭打ち状態の中で、伸び続ける男性向け商品で収益を底上げしようという考えだ。

 データで納得促す

 「もっと肌に気を配らないといけないな」。化粧品大手のファンケルが東京・銀座に構える旗艦店で肌のチェックを受けた30代男性は、こんな感想を漏らした。

 ファンケルは「未来肌研究室」と名付けたコーナーを店内に設け、肌の状態を調べてアドバイスをするサービスなどを展開。有料の「角層バイオマーカー測定」では肌の内部に含まれるタンパク質を5種類に分け、含有量を検出。データで示すことで、男性にも受け入れられやすい面があるという。

 検査を受ける男性はまだ多くはないが、ファンケル総合研究所の副所長を務める松熊祥子執行役員は「男性の肌は実は荒れやすく、しみやしわの兆候も早く出やすいので、肌を保護する必要性を啓蒙(けいもう)したい」と話す。

「男性用化粧品は女性が代わりに買うケースが7割」(コーセー)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。