新商品「プレミアムボス」“最高峰”のコクを実現 (1/2ページ)

2014.8.25 11:43

「BOSS史上、最高峰のコクを実現した」という「プレミアムボス」を手にするサントリー食品インターナショナル食品事業本部ブランド戦略部の柳井慎一郎部長

「BOSS史上、最高峰のコクを実現した」という「プレミアムボス」を手にするサントリー食品インターナショナル食品事業本部ブランド戦略部の柳井慎一郎部長【拡大】

 サントリー食品インターナショナルは9月2日、主力商品である缶コーヒー「BOSS」の新ラインナップ「プレミアムボス」を全国で発売する。独自の新製法による「微粉砕コーヒー」をブレンドすることなどで“BOSS史上・最高峰”のコクを実現した。同社は「『プレミアムボス』の投入で、コーヒー市場における缶コーヒーの存在感をさらに高めたい」と意気込んでいる。希望小売価格は115円(税別)。

 BOSSが誕生したのは、1992年。食品事業本部ブランド戦略部の柳井慎一郎部長によると、ネーミングには「『あなた自身が自分の仕事のボスだ』と、働く人を励ましたい思いが込められている」という。

 缶コーヒーを多く飲んでいるのは30~50代の男性。現在の国内における缶コーヒーの市場規模は約9000億円に上る。インスタントコーヒー、レギュラーコーヒーなど、ほかのジャンルも含めたコーヒー市場全体の中では、半分のシェアを占める。

 近年の缶コーヒー市場は微減の傾向にある。柳井氏によると、「少子高齢化のほか、コンビニがいれたてコーヒーを提供する『カウンターコーヒー』の人気のあおりを受けている」とみられる。

 しかし、こうした中でも、BOSSは順調に売り上げを伸ばしてきた。調査会社インテージの調べによると、コンビニやスーパーで売られているBOSSは、缶コーヒーの4カテゴリーのうち、「ブラック」「カフェオレ」「微糖」にそれぞれ対応するラインナップが、いずれもシェアトップ。一定以上の糖分を含むといった条件を満たす「スタンダード」も2位につけている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。