カラオケ、親子三代取り込み 和食や子供向けサービスで需要刺激 (1/3ページ)

2014.8.25 06:20

 カラオケ業界で客層を広げる取り組みが本格化している。高齢者やファミリー層の取り込みを狙い、平日の昼間など比較的空いている時間帯に和食付きのプランや子供向けのコンテンツを導入。ギター愛好家向けのカラオケも登場するなど、あの手この手で需要を掘り起こそうと懸命だ。宴会後の2次会を見送るケースが増え、若年層の減少もあって需要は伸び悩むだけに、各社は活路を開くため新たな魅力の提供に迫られている。

 ランチを兼ねて来店

 「町内の集まりや仲間同士の集まり、食事会にも使えるので重宝している」と評判がいいのは、シダックス・コミュニティーのカラオケ店「シダックス」が提供する和食付きプラン「雅御膳」だ。飲み物と2時間のカラオケルーム使用料も合わせ、1人当たり税込みで2000円という料金が人気を呼び、60歳以上のシニア層を引き込んでいる。

 業界2強の一角を占める同社は、平日午後3時までの限定で食事、飲み物を付けた1時間のカラオケルーム使用で620円という格安プランを打ち出すなど、以前からシニア層の取り込みに力を注いできた。ところが「少し高くてもいいから、おいしいものをゆっくり食べながらカラオケを楽しみたい」といった声が多く寄せられたという。

日本料理は道場六三郎氏が監修「ランチを兼ねて1人で来店」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。