【PC Watch】4兆分の1秒の撮影可能に (1/3ページ)

2014.8.25 07:01

STAMPカメラの構成

STAMPカメラの構成【拡大】

 ■東大、光を制御する超高速カメラ開発

 東京大学などの研究チームは、4.37兆分の1秒ごとに画像撮影できる、世界最高速の連写カメラを考案したと発表した。そのプロトタイプも作成した。

 高速、あるいは短時間に起こる現象を観測するには、高速度に撮影可能なカメラが必要となる。しかし既存のカメラは、シャッターなどの機械的限界や、データ転送などの電気的限界から、撮影速度がナノ秒に制限される。

 そこで、東大大学院理学系研究科の中川桂一特別研究員、同大学院工学系研究科の佐久間一郎教授、慶應義塾大学理工学部の神成文彦教授、東大大学院理学系研究科の合田圭介教授らは、「デバイスの動作を速く」するのではなく、「最も高速な光をより遅く」するという逆の発想に基づく、新技術を開発した。

イメージセンサーは6分割されて、異なるSTAMP照明光が撮影した像を記録

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。