ドンキ、訪日客対応を強化 免税対象商品拡大追い風に

2014.8.26 22:35

訪日外国人が多く来店する東京都内のドン・キホーテ店頭(ドンキホーテホールディングス提供)

訪日外国人が多く来店する東京都内のドン・キホーテ店頭(ドンキホーテホールディングス提供)【拡大】

 10月の訪日外国人の消費税免税対象商品の拡大が、流通・小売り各社の大きなビジネスチャンスになっている。ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を展開するドンキホーテホールディングス(HD)は26日、訪日外国人向けの売上比率を平成32年をめどに、10%程度に引き上げる方針を表明。現状では3%程度だが、菓子や化粧品、医薬品など、外国人客に人気の商材販売が大きく伸びると期待している。

 同社は、10月の制度変更にあわせ、外国人客の多い東京や大阪などの25店舗を「TAX FREE SHOP」として展開。そのまま免税申告書に張ることができるレシートを出せるようレジを刷新する。また、ポイントカード制度も外国人向けに機能を拡充する。

 これまでの免税制度は対象が家電や衣料品、バッグなどに限定されていたため、これらを取り扱う百貨店や家電量販店が先行。しかし、10月の変更で日用品や食品も対象になり、総合スーパーやドラッグストアなど大手チェーンも対応を急いでいる。

 これまで免税対応していなかったイトーヨーカ堂も、全国180店舗のうち小型店を除いた150店で免税対応を始める。

 対応は大企業だけではない。テニスやバドミントン用品専門店のウインザー商事(横浜市)もすでに数店舗で免税扱いを始めた。中国では模倣品も多く「メード・イン・ジャパンのバドミントンラケットの正規品が購入でき、人気がある」(同社企画課)という。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。