北陸新幹線3月14日開業、東京~金沢間は最速2時間28分 JRが正式発表

2014.8.27 20:48

記者会見で北陸新幹線の運行計画の概要などを発表する真鍋精志JR西日本社長(左)ら=27日午後、金沢市

記者会見で北陸新幹線の運行計画の概要などを発表する真鍋精志JR西日本社長(左)ら=27日午後、金沢市【拡大】

  • 北陸新幹線の運行計画について記者会見し、概要を発表するJR東日本の冨田哲郎社長=27日午後、東京都渋谷区

 JR東日本と西日本は27日、共同運行する北陸新幹線の長野-金沢の開業日を来年3月14日とし、東京-金沢については最速2時間28分で運行すると発表した。運行ダイヤは今年12月ごろまでに決める予定。

 北陸新幹線は平成9年10月に運転を始めた東京-長野を金沢まで延伸して開業する。長野以降は、飯山、上越妙高、糸魚川、黒部宇奈月温泉、富山、新高岡。

 東京-金沢を2時間28分で結ぶ直通タイプ「かがやき」は1日10往復で、上野(一部通過)、大宮、長野、富山に停車する。停車駅が多い「はくたか」は同14往復させる。富山-金沢を行き来する「つるぎ」は同18往復、現在東京-長野を走っている「あさま」は同16往復となる。

 都内で会見したJR東日本の冨田哲郎社長は「万全の態勢で開業日を迎え、旅客のパイを増やしていきたい」と抱負を語った。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。