厚木太陽光第2発電所が完成 オーイズミ、4メガワットの供給可能に (1/2ページ)

2014.8.30 05:40

 オーイズミ(神奈川県厚木市)のグループ会社である神奈川電力(同)の厚木太陽光第2発電所が完成し、23日には現地で開所式が行われた。当日は多数の来賓が訪れるなか、神奈川県の黒岩祐治知事、厚木市の小林常良市長も臨席した。

 冒頭、オーイズミおよび神奈川電力代表取締役の大泉政治氏があいさつ。まず「黒岩知事が提唱しているクリーンエネルギー政策に賛同する形でこの事業を進めてきた」と経緯を説明。「県央経営者会の協力もあり、今般、昨年の第1発電所に続いて第2発電所が竣工(しゅんこう)。約4メガワットの電力供給が可能になった」と発表した。

 また「電力の地産地消を行っていきたい」と述べるとともに厚木市と市内の公民館15カ所の電力供給を行うことが決定した旨、報告。栃木県日光に同発電所の5倍の規模を持つ発電所の建設を進めていると語った。

「神奈川電力が神奈川県のエネルギーを牽引」と期待

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。