古河電池株が連日のストップ高 「水を注いで使う電池」が大反響

2014.9.1 15:30

非常用マグネシウム空気電池「マグボックス」。粉洗剤の箱のような外観で、サイズは縦横高さとも20センチ超

非常用マグネシウム空気電池「マグボックス」。粉洗剤の箱のような外観で、サイズは縦横高さとも20センチ超【拡大】

 1日の東京株式市場で、古河電池が前週末に続き2営業日続けてのストップ高をつけた。8月29日に発表した「水を注いで使う非常用電池」が大きな注目をあびて、同日に続き、1日も買い一色となった。

 前週末終値は790円。この日は寄り付きから買いが集中して取引が成立せず、取引終了時になって、値幅制限いっぱいの940円の値がついた。

 29日に開発した商品は、非常用マグネシウム空気電池「マグボックス」。凸版印刷との共同開発製品で、粉洗剤の箱のような外観で、水や海水を入れるだけで発電し、USB端子から5ボルトの電気が取れ、スマートフォン(高機能携帯電話)なら最大30回の充電ができる。

 非常用の使い捨て電池として廃棄しやすいようにした。12月中旬から1万円程度で販売する見込みで、発表後から大きな反響を呼んでいる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。