PS4向けに「ドラクエ」初登場 「ヒーローズ闇竜と世界樹の城」スクエニが来春発売

2014.9.1 18:48

「ドラゴンクエスト」の新作発売について説明するソニー・コンピュータエンタテインメントの盛田厚取締役(左)ら=1日午後、東京都港区

「ドラゴンクエスト」の新作発売について説明するソニー・コンピュータエンタテインメントの盛田厚取締役(左)ら=1日午後、東京都港区【拡大】

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は1日の国内戦略説明会で、据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」向けに、人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」シリーズの新作を投入することなどを発表した。ソフトを充実させ、販売拡大を目指す。

 説明会では、PS4向け新作ソフト34本を来年にかけて発売する計画を発表した。目玉商品となるのがスクウェア・エニックスの「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」。アクションRPGで、タイトルに番号がついた主力シリーズではなく、特別版という位置付けになりそうだが、ゼネラルディレクター堀井雄二、キャラクターデザイン鳥山明、音楽すぎやまこういちの主要各氏はそのまま担当。来年春に発売される予定だ。価格は未定で、パッケージ版とダウンロード版の双方を提供する。

 PS4は昨年11月に北米を皮切りに発売され、今年8月に世界累計販売が1000万台を突破。米マイクロソフト(MS)の家庭用ゲーム機「XboxOne(エックスボックスワン)」を上回っている。

 親会社のソニーは電機部門の不振が続く中、PS4などのゲーム事業を成長分野に位置付けている。今月4日にはXboxOneが日本で発売予定で、人気ソフトを増やし、差を開きたい考えだ。

 ソニー創業者の盛田昭夫元会長のおい、盛田厚氏が同日付でSCEJAのプレジデントに就任。「日本市場が欧米に後れをとっている点は多々あるが、メンバー一丸となって業界を盛り上げていく」と決意を述べた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。