「ゼロゼロ発泡酒」4社が激突 健康志向に照準、シェア競争の焦点へ (2/2ページ)

2014.9.2 21:54

 ただ、小売店の陳列スペースは限られるため、「生き残るのは2~3商品」(大手首脳)との見方がもっぱら。このため、年内販売目標が120万ケースと3社中最多のキリンは、発売初日からキリンビールマーケティングの布施孝之社長自らが東京都内の総合スーパーで商品を無料配布。サントリーも全国で50万本を無料配布する計画で、各社とも商品アピールに懸命だ。

 健康志向の高まりから、プリン体ゼロの発泡酒には「料飲店の引き合いも増えてきた」(大手)と、業務用への需要拡大の動きもある。それだけに「最初の1カ月でリピーター獲得の勝負が付くだろう」(布施社長)というゼロゼロ戦争の行方は、今後の各社のシェアの浮沈の鍵となる可能性もある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。