日系自動車3社、中国販売に減速感 ホンダは「ヴェゼル」で巻き返し (1/2ページ)

2014.9.3 19:21

 日系自動車大手3社(トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ)の中国販売に減速感が見え始めた。年間の3分の2が経過した8月時点で通年目標への進捗(しんちょく)率は半分程度にとどまり、目標達成に黄信号がともっている。各社は繁忙期となる秋から年末にかけて新型車を投入するなどして需要喚起を図る方針だが、中国景気が勢いに欠ける中で、先行きの不透明感が強まっている。

 トヨタは1~8月の累計販売台数が61万9200台で、通年目標110万台に対する進捗率は56%。日産は78万5400台で、同140万台に対し56%、ホンダは44万5472台で同90万台に対し49%だった。前年同期と比べ3社いずれもプラスを維持しているが、伸び率は1~7月より鈍化している。

 8月単月では、トヨタが3カ月ぶりに前年同月比プラスとなったものの、日産とホンダは2カ月連続でマイナスだった。日産は景気影響を受けやすい商用車の需要低迷でトラック販売が減少。また、ホンダは昨年6月の発売から1年以上が経過した中国専用車「クライダー(中国名・凌派)」が31.6%減と大幅に落ち込んだことが響いた。

ホンダは巻き返しへ中国仕様の「ヴェゼル」を投入

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。