XboxOneいよいよ発売 ソフト30本投入&アプリ充実で年末巻き返しなるか (1/2ページ)

2014.9.3 22:23

 マイクロソフト(MS)が4日、家庭用ゲーム機の新製品「XboxOne(エックスボックスワン)」を発売する。世界販売ではソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション4(PS4)」が先行しているうえ、国内ゲーム市場はスマートフォン(高機能携帯電話)向けゲームや携帯ゲーム機が台頭する。年末商戦に向け、どこまで巻き返せるか注目される。(田村龍彦)

■9年ぶりの新型

 MSがXboxの新型機を日本市場に投入するのは平成17年の「Xbox360」以来約9年ぶり。360はSCEと任天堂のゲーム機を前に苦戦した経緯がある。今回は360発売時の約4倍の30本のソフトを投入し、雪辱を期す。

 音声や体の動きで操作ができる入力装置「キネクト」の性能を向上させ、カラオケなどのアプリ(応用ソフト)も用意。ゲームファンだけでなく、幅広い層を取り込む狙いだ。

 XboxOneとPS4はいずれも昨年11月に海外で先行発売された。PS4は割安な価格などで8月に累計1000万台超を売り上げたが、XboxOneは4月時点で500万台超で追い上げを目指す。

■PS4だけではない

 もっとも、ライバルはPS4だけではない。国内ゲーム市場は年々、スマホ向けゲームの存在感が高まっているためだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。