さらに軽くなったマツダ新型「ロードスター」 スカイアクティブも採用 (1/2ページ)

2014.9.5 06:20

マツダが2015年に発売するオープンスポーツカー「ロードスター」=4日、千葉県浦安市

マツダが2015年に発売するオープンスポーツカー「ロードスター」=4日、千葉県浦安市【拡大】

 マツダは4日、開発中の新型オープンスポーツカー「ロードスター」の4代目モデルを日本と米国、スペインで同時に催したファン参加型イベントで初公開した。発売は2015年を予定。重量は1100キロの現行モデルより100キロ以上も軽量化を図り、運動性能を向上させる。独自の低燃費技術「スカイアクティブ」も採用した。

 車体の大きさは歴代モデルの中で最も小さく、全長は現行の3代目に比べて80ミリ減の3915ミリ、全幅は10ミリ増の1730ミリ、全高は10ミリ減の1230ミリ。ホイールベースは15ミリ減の2315ミリ。また、野生動物の無駄のない動きをイメージした「魂動(こどう)」と呼ぶテーマのデザインを他の新型車と同様に採用した。

 日本では東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)でイベントを開催。開発責任者の山本修弘主査が「皆さんの熱い期待に応え、心から走りを楽しめる車だ」と説明すると、先着順で選ばれた約1200人のファンから拍手と歓声が上がった。

伊フィアット傘下のアルファロメオに供給する契約を結んでいる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。