パナソニック、欧州で「白物」売り上げ倍増目指す 18年度 (1/2ページ)

2014.9.5 16:23

パナソニックが欧州で来年3月までに発売する洗濯機。現地企業と初めて共同開発した=4日、ベルリン(南昇平撮影)

パナソニックが欧州で来年3月までに発売する洗濯機。現地企業と初めて共同開発した=4日、ベルリン(南昇平撮影)【拡大】

 【ベルリン=南昇平】パナソニックは、テレビを除いた白物家電の欧州での売上高を、2018年度に14年度見込みの2倍となる900億円前後へ引き上げる方針を固めた。調理用IHヒーターなどの据え付け型(ビルトイン)キッチンを本格展開。13年に出資したスロベニア企業と共同開発した洗濯機と冷蔵庫を15年9月までに売り出す。

 ベルリンで報道公開が始まった家電見本市「IFA2014」会場で4日、家電事業を担当する本間哲朗役員が産経新聞などのインタビューに答え、「老舗メーカーがひしめき合う欧州でブランドを評価してもらうことが、他の地域での事業にいかされる」と強調した。

 据え付け型キッチンは15年度から本格的に展開。「欧州では家電のかなりの部分もビルトイン化している。そこに進出しないと当社は強くなれない」(本間氏)ことから、現地のキッチン事業者と協業して販拡を図る。

ゴレーネと共同開発した洗濯機を来年3月までに投入

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。