日銀、成長率見通し1%割れへ

2014.9.8 21:43

 日銀が平成26年度の実質経済成長率の見通しを、従来予想の1・0%から下方修正する方向となったことが8日、分かった。日銀は潜在成長率を上回る景気回復が続くとの想定は維持し、修正後は0%台後半となる公算。新たな数値は10月末に見直す「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」に反映させる。

 4月の消費税増税後、個人消費の駆け込み需要に伴う反動減が長引くなど、景気回復の足取りは鈍い。日銀は、景気が「下振れていることは事実」(黒田東彦総裁)としながらも、「0%台半ば」とみる潜在成長率と同水準以上の成長率が続く景気回復シナリオは維持している。そのため、今後の景気動向にもよるが、26~28年度の展望リポートで示す「下方修正の幅はコンマ数ポイント」(日銀関係者)にとどまる見込み。

 一方、物価上昇率は2%目標の達成に向けて想定通りに推移しているとして、見通しを大筋で維持するとみられる。26~28年度の展望リポートについて、26年度の成長率見通しを下方修正するのは2度目。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。