ドコモが料金プラン一部見直し 容量繰り越し、期限延長など…新iPhone発表にらむ

2014.9.8 17:47

 NTTドコモは8日、定額音声通話と一定容量までのパケット通信をセットにした新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」に、データ容量の翌月繰り越しや購入データ容量の利用期間延長などサービスを追加すると発表した。同様のサービスを提供するソフトバンクモバイルやKDDIに対抗する。

 新サービスは、使わなかったデータ容量を翌月に繰り越して利用できる「パケットくりこし」と、追加購入したデータ容量(1ギガバイト千円)の利用期間を当月末から翌月末への延長。前者はソフトバンクが家族でデータ容量分け合いとの選択式で提供しているが、ドコモは両方とも利用可能にした。後者はKDDIがすでに利用期間を約2カ月間に設定していることに対抗。両サービスとも10月1日から提供する。

 利用者1人の契約の場合、一定容量までパケット通信が使い放題の「パケットパック」に8ギガバイトを追加した。月額料金はKDDIより100円安い6700円に設定。今月19日から提供する。

 米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」新モデルが10日(日本時間)にも発表される見通し。携帯大手3社がそろって取り扱うが、販売時期に向けて各社がサービス強化策でしのぎを削りそうだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。