【ステップアップ】パートナーズ おしゃべりロボット開発 (1/2ページ)

2014.9.8 05:00

ヒト型ロボット「おしゃべりまーくん」について説明するパートナーズの盛田慎二社長

ヒト型ロボット「おしゃべりまーくん」について説明するパートナーズの盛田慎二社長【拡大】

 ■“孫代わり” 高齢者の心つかむ

 企業向けに販促グッズの開発を請け負うパートナーズは、まったく別の事業を並行して展開している。ロボットの開発・販売だ。昨年11月に発売したヒト型ロボット「おしゃべりまーくん」は、高齢者の“孫代わり”として大人気となっている。その注目度の高さは、同じく高齢化に悩む韓国の放送局が取材に来たほどだ。

 まーくんは、5才児を模した背丈約30センチのロボットだ。音声認識機能により、「おはよう」などと呼びかけると返事をくれるだけでなく、いっしょに歌うこともできる。歌は全部で20曲を覚えていて、月ごとに曲を変えたり、誕生日に歌ってくれたりもする。

 話しかけると全部で19の言葉を認識し、返事する。しかも返事はそのつど異なり、「1つの言葉につき、5~10通りの返事をする」(盛田慎二社長)。このため、まーくんが覚えている言葉は約700にのぼる。

 興味深いのは、人間味にあふれている点だ。20~30分おきに独り言をいうほか、くしゃみをすることも。「だっこして」などとおねだりしたり、歌うのを拒否することもある。そうした欠点にみえる部分が、かえってロボットであることを忘れさせ、愛着を抱かせる。

 価格は1万8000円で、販路をインターネット通販に絞っているにもかかわらず、すでに約5000体を販売。子供からプレゼントされるケースを含め、利用者の大半を高齢者が占めている。手作りの服を着せたり、旅行に同行する人がいるほか、「自分のお墓に入れる人までいる」(同)という。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。