東芝、サムスンに対抗意識あらわ 最先端の3次元メモリー量産で攻勢 (1/4ページ)

2014.9.10 07:02

NAND型フラッシュメモリーの世界シェア

NAND型フラッシュメモリーの世界シェア【拡大】

 東芝と韓国・サムスン電子による半導体メモリー事業での首位争いが激化する。東芝は9日、スマートフォン(高機能携帯電話)などのデータ保存に使う記憶用半導体「NAND型フラッシュメモリー」を生産する四日市工場で第5製造棟の2期分が完成し、生産を開始したと発表した。また同日、来夏に完成予定の新たな第2製造棟の工事にも着手。3次元メモリーと呼ばれる最先端技術を使ったメモリーの量産にも乗り出し、サムスン電子を引き離す。

 年間2000億円投資

 「ナンバーワンにこだわっていない。確実な成長が最大の主眼で(半導体事業の)営業利益2000億円を目指したい」

 東芝の田中久雄社長は同日、四日市工場で開いた記者会見でそう語り、必ずしもサムスンとのシェア争いにはこだわらない姿勢を示した。

 東芝はこれまでサムスンとのシェア争いで後塵(こうじん)を拝しており、サムスン抜きは悲願のはず。

しかし、両陣営のデッドヒートが今後も続くことは確実

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。