東芝、サムスンに対抗意識あらわ 最先端の3次元メモリー量産で攻勢 (3/4ページ)

2014.9.10 07:02

NAND型フラッシュメモリーの世界シェア

NAND型フラッシュメモリーの世界シェア【拡大】

 だが、微細化も限界に来ている。サムスンは昨年から薄膜状の記憶素子を積層する3次元技術を使ったメモリーの生産を開始。今年に入り、中国・西安に3次元の最新鋭の工場を稼働させている。3次元化でメモリー容量は、現行の128ギガバイトから数年後には1テラバイトへの拡大が可能になるという。

 16年から本格量産

 対する東芝も、3次元メモリーの量産に向けて動き出している。9日に起工式を行った新たな第2製造棟は3次元専用の製造ラインを置く予定。来夏から一部稼働し、2016年から本格的に量産を始める。

 一方で3次元メモリーは量産技術の確立が難しいとされる。サムスンも「不良品が多く、製造コストがかかっている」(証券アナリスト)という。東芝の田中社長もコスト面から3次元メモリーの量産化技術が遅れていることを認める。

16年以降に量産化し、サムスンとの決戦にのぞむ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。