みずほ銀、メガバンク初の太陽光発電住宅ローン 売電収入、年収に合算 (1/2ページ)

2014.9.10 07:24

 みずほ銀行は9日、太陽光発電の売電収入を年収に合算して融資の審査を行う「太陽光発電住宅ローン」を、3メガバンクでは初めて販売する方針を固めた。月内にも主要な住宅メーカーと契約し、販売を始める。

 新築の戸建て住宅の場合、太陽光発電の設置費は数百万円にのぼるため、住宅関連の購入費用が膨らみ、通常のローンでは審査に通りにくいケースも少なくなかった。新型の住宅ローンの利用が拡大すれば太陽光発電の普及を後押ししそうだ。

 例えば、年収450万円の人が3000万円で戸建て住宅を新築し、最大出力14キロワットの太陽光発電を450万円で導入する場合、仮に全てを借り入れ期間35年の住宅ローンで賄うとすれば、年収に占める年間のローン返済額の割合(返済比率)は4割強となる。返済比率が4割を超えると住宅ローン審査に合格するのは難しいとされ、太陽光発電の設置を見送らざるを得ない。

返済比率も4割を切り、審査に通りやすくなるという

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。