米アップル、腕時計型端末「アップル・ウオッチ」を発表 (1/2ページ)

2014.9.10 04:08

 【ワシントン=小雲規生】米アップルは9日、カリフォルニア州で記者会見を開き、腕時計型端末「アップル・ウオッチ」を発表した。価格は349ドルからで、来年初めに販売を始める。腕時計型端末は米サムスン電子などが参入済みだが、市場開拓は十分には進んでいない。アップルは新製品で市場開拓を狙うとともに、2011年の創業者のスティーブ・ジョブズの死後に失われている革新性のイメージを復活させたい考えだ。

 ティム・クック最高経営責任者(CEO)は記者会見で「真に注目に値する革新だ」と話した。

 アップル・ウオッチは丸みを帯びた四角いフェース(画面)を採用した。フェースの側面には従来の竜頭のような形のダイヤル「デジタル・クラウン」を搭載。ダイヤルを回すことで画面を拡大・縮小したり、スクロールさせたりできる。また画面のタッチセンサーは強さも感知することができ、多様な操作を可能にしている。

 画面の裏側に備え付けられたセンサーでは心拍数を測定することができ、運動時間や消費カロリー量の測定にも使える。WiFi(ワイファイ)を使ってスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)5」以降の機種との連携が可能で、メールの送受信などを行うことができる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。